遊麺人~東海ラーメン食べある記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←みなさまの応援をお願いします!

たご


汁なし台湾

中村区の『こだわり麺工房 たご』へ。

券売機の前で「汁なし台湾」の塩とカレーをどちらにしようと迷ったあげく、カレーのボタンを押す。

待つこと10分。丼の中は具沢山の野菜と、たっぷり入ったニンニクが。 翌日の仕事のことも考え、ニンニクを少し減らす。汁なしなので、いつものようにスープから・・・というわけにもいかず、麺と具をよくかき混ぜるところからスタート。

カレーのスパイシーな匂いが鼻をピクピクさせて、食欲を掻き立てる。麺はもちもちと弾力があってとてもいい食感だ。

しかし、カレー味が強いせいか節の風味が消えてしまっており、カレーとニンニク以外の味が感じられなかったのが残念。

その中で印象に残ったのは、トッピングのメンマ。シャキシャキと歯ごたえ抜群で味付けも程よく、何本でもいけそうだ。

食べ進めていくと徐々にカレーの辛さが口を攻め立てるので、辛いものが苦手な人には厳しいか。半分ぐらい食べた時点で口の中は、ボーボーしていた。これからの暑い夏にはぴったりなスパイシー麺だと思う。

感謝の気持ちを込めて、104杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburidonburi
スポンサーサイト

←みなさまの応援をお願いします!

やば麺



やば特麺

大須のお店が閉店していることを知らず行ってしまったので、その足でテルミナ店へ。
店舗に着くと誰もお客さんはいない。あまり美味しくないのか?心配になった。
「やば特麺」を注文してみると温泉たまごが付いていた。スープはあっさりの鶏がらベース。

店主に聞いてみると豚骨も使用しているとの事。さっそくスープを啜ってみると見た目どおりのあっさり。また無化調と言う事ですっきりした味わい。しかし旨味が足らないのではと思ってしまうくらいあっさり。

麺はオーソドックスなストレート細麺は程良い噛み応えがある。気になる点は浮いた油がベトベトして後味が悪い。
チャーシューは硬くもなく柔らかくもなく食感は良い。メンマも油っこさを感じ食べ辛い。
今度は温泉たまごを入れて麺と絡めて食べてみるがあまり美味さを引き立てるまでもなく期待には応えられなかった。
もし今度来る時はつけ麺を食してみることにしよう。

感謝の気持ちを込めて、81杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburidonburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

萬珍軒



玉子とじ担々麺

中村区の『萬珍軒』へ。

前回の「玉子とじラーメン」がそこまで良かったわけでもないが、なぜかこの店に足が向く。店内に入ると相変わらず満席で、人気の高さを証明している。

さほど待たずに席に着き、「玉子とじ担々麺」を注文。

待つこと5分。すぐに感じる胡麻の香り。スープをすすってみると、溶き玉子とゴマが混ざったクリーミーな独特の味がする。

担々麺に欠かせないラー油は特製で、2種類の唐辛子と数種類の薬膳を混ぜ込んだというこだわりよう。期待通り、香り高く、芳醇な風味が鼻を抜ける。

極細麺は玉子とじのスープと良く絡むのは前回同様。麺が多少柔らかいのは残念な点だが、この柔らかさが基本のようだ。

長らく支持され続けていることに納得は出来たが、個人的にはもう少し後に引く旨みがほしいところ。


感謝の気持ちを込めて、77杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburidonburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

拉ノ刻



大松

中村区の『拉ノ刻』へ。

スープは醤油・味噌・塩の中から味を選ぶことが出来るので、塩の「大松」で注文。好来系で「大松」なら大盛りを指すはずだが、この店ではチャーシュー麺のようだ。

暫く待って、ラーメンが目の前へ。チャーシュー6枚が丼の表面を埋め尽くしている。スープは隣で同じものを頼んだ友人曰く、「好来系独特の素材の旨みが口の中にじんわり広がる」とのこと。自分もスープを一口。・・・なるほど、言いえて妙だ。

メンマの味付けは濃すぎずコリコリと音を立て、チャーシューもしっかりと豚本来の旨みを備えている。個人的には麺にもう少しコシがあると嬉しいが、スープの持ち上げは悪くない。

好来系定番の「朝鮮人参酢」も魅かれるが、今日はそのままで一滴残さずしっかり飲みきった。

感謝の気持ちを込めて、59杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburidonburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

申家



柚子塩らーめん

中村区太閤通り沿いの『申家』へ。

店内はU字型のカウンター10席のみと規模は小さいが、隣同士の間隔にゆとりを持たせてあり窮屈な感じはしない。

ちょっと気になった「柚子塩らーめん」を注文。ランチタイムは+100円でライス、揚物、杏仁豆腐が付いてくるのでかなりお得感がある。数分待ってラーメンがやってきた。

スープの湯気に微かに香る柚子の香りが胃の活動を開始させる。スープはあっさり鶏ガラをベースに、豚骨のコクと鰹の風味が加わっており味わい深い。

麺は細く、わずかに縮れていてスープとよく絡む。脇を固めるチャーシューはバラ肉を巻いてあり、若干薄く切られているが口の中でとろける仕上がり。

味玉子は割るとトロトロの半熟で、味の染み具合が絶妙!胡麻の香ばしさとワカメの塩気、チャーシューの脂と旨味、味玉子の存在感。全てを包み込むような柚子の香りに満足しながら完食。今度は極坦々麺を食べてみようと思う。

感謝の気持ちを込めて、51杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburidonburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

 | HOME |  »

新しい記事

みんなのコメント

トラックバック

Appendix

遊麺人@マニア

遊麺人@マニア

らーめんis LOVE

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。