遊麺人~東海ラーメン食べある記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←みなさまの応援をお願いします!

一番軒 澤田屋


長浜ラーメン

日進市の『一番軒 澤田屋』へ。

男性を中心にカップルもちらほら並んでいる。しばし待って着席して長浜ラーメンを注文。麺の硬さははりがね。

そして長浜ラーメンがテーブルへ。特に分厚くもないチャーシューに少し大きめののり、多少のネギ。見た目こそ最近流行りのラーメンに比べればもうかなりシンプルだが、逆になんだか新鮮に感じる。

トッピング等でごまかさず、ラーメンとスープだけでも勝負できる自信あるが故のラーメンだ。

少しずつ口の中で広がる豚骨のダシの効いた何とも言えない美味さ。マイルドな豚骨スープと極細の麺だからこそ絶妙に絡むのがタマラナイ。寒い時にはなおさら少々濃い味が体を温かくしてくれる。

最近流行りのラーメンが好きな人にはシンプル過ぎてウケないと思う。しかしトンコツが好きな人には食べてほしい味。

感謝の気持ちを込めて、205杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburi2donburi
スポンサーサイト

←みなさまの応援をお願いします!

龍月


中華そば

日進市の『龍月』へ。たまたま国道沿いを走っていたついでに、何気なく訪問。

楕円形のカウンターの席に着き、今回も柚子は避けて普通の「中華そば」を注文し、待つこと10分ほど。

和風醤油味のスープに豚骨、鶏がら、昆布だしが程よく混合されているようで、豚骨のくどさを感じさせずまろやかな仕上がりが伺える。中麺縮れの麺は若干固く感じたが、食べ進めている間には丁度良く感じてくるので特に問題なし。

自家製のチャーシューは口の中でとろけるほどに煮込まれている。メンマもシャキシャキとしており悪くない。

丼の中の一つ一つに手を抜かず仕事をしていることが伝わってくる一杯。全体的に何も悪いところは無いのだが、力強く伝わってくるものが感じられないので、満足まではもう一歩かな。

感謝の気持ちを込めて、165杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburidonburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

一番軒 澤田家


味玉子ラーメン

駐車場が丁度1台空き、滑り込んだのは日進市の『一番軒 澤田家』。

お客が入れ替わり立ち代りで常に満車状態。店内に入ると店員の威勢の良い挨拶で迎えられるのは本家と同様だが、券売機が置いてあり「味玉子ラーメン」の食券を買う。

14席あるカウンターは満席で待合用の長椅子も満席。それでも回転が早いようで、少しの待ちで座ることが出来る。

程なくして出された丼からは、白濁した豚骨スープの香りが漂う。レンゲで麺を掻き分けまずはスープ。かなりのトロ味があるが、口にすると意外とあっさりしている。

かためんでオーダーした麺も程よい食感だ。トッピングはチャーシューと、ネギ、海苔。全体的には薄く切られたロールのチャーシューが気になるがスープも飲みきり完食。

感謝の気持ちを込めて、142杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

鶴亀堂 日進本店


とんこつチャーシュー

数ヶ月ぶりに日進市の『鶴亀堂』へ。

店内に入り券売機で「とんこつチャーシュー」と「餃子」の食券を購入。麺の固さは普通で注文すると、5分も待たずに出てきた。

いつものこってり豚骨スープは若干の豚臭さを残しつつも、くどさは感じず好印象。麺は本場博多直送の極細麺で、スルスルと喉の奥に消えていく感じも変わらず。

5,6枚乗ったチャーシューは分厚くボリュームがあるが、非常に柔らかくペラペラチャーシューとは一線を画す。

あっという間に麺を平らげ、今度は固めで替玉を注文。替玉用の汁が置いてあり、どれだけでも食べれる配慮が嬉しい。中には10杯以上替え玉をしている人もいるそうだ。替え玉分もさっくりと完食し、満足することができた。

餃子は手作りでこだわりがあるようだが、可も無く、不可も無いといった感じで印象に残らなかったかな。

感謝の気持ちを込めて、135杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

龍月


中華そば

久々に日進市の『龍月』へ。

初来店の人だと、入り口がどこにあるのか迷うだろう。忍者屋敷を彷彿とさせる小さな入口を潜る。店内に入ると猫のコレクションルーム?みたいな部屋が。

奥へ進むとジャズの陽気な音楽が流れ、半円を描くカウンターが見えてきた。席について中華そばのセットを注文。その際にゆず味か普通味かを聞かれて何の迷いも無く普通を選ぶ。

以前食した時、ゆずの味が強すぎてスープの元味が完全に負けていたからだ。待つこと5分程度で登場。

見た目は普通の中華そば。和風醤油という感じのこのスープは、豚骨や魚介が突出したわけではなく、上手にブレンドされている。まろやかな食感で喉越しはあっさり。

龍麺と名づけられた麺は中太ストレートで、見た目よりも案外ボリュームがある。よく味付けされたメンマとパリっパリな海苔、プルンプルンな温玉がラーメンをお膳立て。

自分の好みにはあわなかったが、まったりとしたバーのようなお洒落な雰囲気も魅力的な龍月。カップルにはおすすめかも。

感謝の気持ちを込めて、112杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburidonburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

 | HOME |  »

新しい記事

みんなのコメント

トラックバック

Appendix

遊麺人@マニア

遊麺人@マニア

らーめんis LOVE

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。