遊麺人~東海ラーメン食べある記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←みなさまの応援をお願いします!

一輝


一輝つけめん(元味)

岡崎の『つけ麺一輝』へ。

タイミングが良く待たされることなく席につけた。

シンプルにトッピング無しのつけ麺(元味)の食券を購入。程なくしてつけ麺が運ばれてきた。

麺はコシのある太麺。早速つけていただく。麺とつけ汁の絡みが良いので、一瞬つけ汁にくぐらせただけでも十分味がする。

一口サイズのチャーシューは硬くもなく柔らかすぎずおいしい。メンマは少し柔らかく感じたがちゃんと味はしみていた。

お腹の調子が良くなかったので泣く泣く雑炊を見送っので、次回は必ず食べると静かに誓いました。

感謝の気持ちを込めて、188杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburidonburi
スポンサーサイト

←みなさまの応援をお願いします!

まるぎん商店


潮セレブ
岡崎市の『まるぎん商店』へ。

前から気になっていた潮セレブを食べてみることに。パンフレットを見ると,潮セレブについての説明が載せてある。トビウオのだしとイタリア産岩塩を使っているようでなかなか興味深い。

まずはスープを一口。魚介の風味が口の中に広がる。麺は極細でツルツルした感じの麺だが、なかなかこしがあり,噛み応えがある。

次に厚さが2cmくらいあるチャーシューにかぶりつく。なかなか甘みがあるが,少し硬い感じがある。もう少しやわらかいといいかな。

全体的にあっさりしているが,、後半スープを飲むに連れてチャーシューの油がにじみでるのか、少し油っぽいスープになってしまったのはちょっと残念。

玉ねぎを揚げた具は,あまみがあり甘みのある塩らーめんの引き立て役になっている。最後はスープまでおいしく頂いた。

感謝の気持ちを込めて、184杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

一輝


一輝つけめん元味全部乗せ

岡崎市の『つけ麺舎一輝』へ。

店内に入ると人気店だけあって、待ちのお客がいる。「一輝つけめん元味全部乗せ」の食券を購入し、10分ほどで席が空いたので、レトロなカウンターへ。

さらに待つこと10分でまずつけ汁登場。器から溢れ出る魚介の濃厚な香りが、麺の到着を今か今かと待ち望んでいるようだ。その後、自分の目の前で大きなザルで水切りが行われ、麺も登場。

つけ汁を一口飲めば動物系の旨みも滲みでているが、節の力が強いせいか「魚介系:動物系=3:1」ぐらいの割合に感じる。そこにごく軽い酸味も加わり、マイルドな味わいに仕上がっている。

麺は太麺のやや縮れ。モチモチとした食感で、つけ汁の持ち上げも良い。厚めのチャーシューもしっかり味がついていて食べごたえ十分。

小間切れにされたシャキシャキメンマと中がトロトロの味玉も忘れてはいけない。最後にシメの雑炊をいただいて完食!全体的に完成度の高いつけ麺。

帰る時には待ちの人数が増えていた。この店は店主が試行錯誤をして、良い一品を提供する為に味をよく変えているそうなので、定期的にチェックが必要そうだ。

感謝の気持ちを込めて、126杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

まるぎん商店


つけ麺+味玉

岡崎市の『まるぎん商店』へ。

お店の外には数名の待ちが出来ていたので、暑い中、外で待つことに。

暫くして店内に入り、「つけ麺+味玉」を注文しさらに待つ。ようやく目の前に登場したときには、お腹が唸りを上げていた。

それでは早速スープを一口。はじめはスープの色の濃さに圧倒されてしまうのだが、だしの強さの割に味は濃すぎず、純粋に素材の旨味が口に広がる。スープのベースとしては流行りの動物系・魚介系のダブルだが、嫌味なく豚の良さを引き出している。

やや固めに茹でられた適度な歯ごたえを残す中太の麺も、スープに負けじと存在感を示し続け、喉越しも良好。

追加トッピングをした味玉は、割とあっさりな味付けの模様。

「ラーメンは食べるのではない、感じるのだ。」とは、ラーメン好きな私の知人の名言だが、ここの一杯は豚の魅力を感じさせてくれたと思う。豚の良いとこ取りな一杯。

感謝の気持ちを込めて、103杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburi2donburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

日本晴れ



三河式豚骨

待ちがあるのは苦痛だが、美味しい可能性が高まるので嫌いではない。

並んでいる間にメニュー表を貰って「三河式豚骨」を注文。席について、少しするとラーメンが出てくる。並ぶのはあまり好きではないが、おなかが減っているのに席についてから、さらに注文を待つのに比べて早い。これには少し感動!

早速、スープをすすると豚の旨みが口に広がり、脂は多めの割にすっきりした舌触りで、癖はあまり無い。麺は極細ストレート麺のかため。毎度のごとく、豚骨にはこの極細麺が一番合うって思い知らされる。

それと対照的にチャーシューは軟らかめ。厚みがあるが食べやすく、キクラゲ、ネギといった定番が乗り、のりと味玉を追加注文。

間違いなく1玉では物足りないのでさらに替え玉も注文。薬味でニンニクを入れることが出来るので、2杯目には投入。

更にこってりになったスープもあっという間に無くなり、きっちり完食!

感謝の気持ちを込めて、68杯目のごちそうさま!

おすすめ度/donburi2donburi2donburidonburidonburi

←みなさまの応援をお願いします!

 | HOME | 

新しい記事

みんなのコメント

トラックバック

Appendix

遊麺人@マニア

遊麺人@マニア

らーめんis LOVE

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。